前へ
次へ

ディメンションと指標の違いとは?

Googleアナリティクスでアクセス解析レポートを作成する際に「ディメンション」と「指標」があり、この2つは意味を混同されがちですが明確な違いがあるので、説明をしていきます。

ディメンションは「切り口」という意味です。
これだけでは何の事かわからないので、具体例をあげますと「週ごとの分析」「ページごとの分析」「ユーザー層ごとの分析」など「△△ごとの分析」というのがディメンションです。更に精密な表示をしている「プライマリ ディメンション」というものもあります。

指標は「ある項目についての定量的データ」を意味し、数字を数えたり算出する箇所を指しており、アクセス解析レポート内の「セッション数」「直帰率」「目標数」等の値部分がこれにあたります。

まとめ
この2つの違いを例えるなら、東京都や大阪府などの場所を表しているのが「ディメンション」で、東京都の天気や大阪府の人口など、その場所の特徴を表しているのが「指標」となります。

Page Top